MENU

千種区東部

〒464-0025
名古屋市千種区桜が丘11番地の1 ソフィアビル 1階
TEL:(052)781-8343 FAX:(052)781-8346

分室 〒464-0008
名古屋市千種区宮根台一丁目4番24号 山内ビル1階
TEL:(052)726-8944 FAX:(052)726-8966
担当地域:上野・自由ヶ丘・千代田橋・東山・富士見台
     星ヶ丘・宮根・大和

開設時間:月~金曜日午前9時~午後5時(祝日・年末年始除く)

  • トップに戻る
  • トップに戻る


千種区東部
いきいき支援センター


分室

所長の一言

 新年度となりました。職員一同気持ちを新たに、健康・福祉・介護の高齢者なんでも相談窓口として職務に励んでまいります。引き続き、よろしくお願い致します。

新着情報

<今月の更新記事>
 家族教室、家族サロン、もの忘れ相談、認知症サポーター養成講座 を更新しました。
<今月の更新記事>
 立冬を過ぎ、寒い時期を迎えましたが、高齢者の骨折は冬の寒い時期に増えると言われます。原因の多くは転倒で、屋外だけでなく、住み慣れた家の中で発生することが少なくありません。年末の大掃除やお正月の準備など慌ただしいこの季節、ゆとりを持ったスケジュールとともに「つまづきや転びやすい場所」を見直して、転倒予防を心がけましょう。

☆地域の方々へ☆

地域包括ケア推進会議・認知症専門部会とは、医師会や保健・医療・福祉関係者が連携することにより、認知症高齢者とそのご家族を地域で支え暮らしやすい社会の仕組み作りをしています。

地域包括ケア推進会議

令和元年6月20日(木)14時開催
 令和元年度 第1回千種区地域包括ケア推進会議を開催しました。今回は、認知症専門部会の事業報告から、「認知症家族支援事業」について意見交換が行われました。中でも家族教室は、参加者が少なく事業の効果的な周知方法等が課題となっています。委員からは、「地域特性にもとづいた展開方法を考える必要がある」「広報は色々な媒体を活用し、区民の目に触れる機会を増やしてもらいたい」「必要な方に直接語りかけることも大切」など様々なご意見をいただきました。また、千種区では、今年度2回のACP研修会を実施予定です。「ACP」という言葉ははまだなじみがなく、わかりやすい表現で広報周知してほしいと要望が出されました。
 今回のご意見を参考に検討を重ね、区民への効果的な事業の取り組みを実施していきたいと思います。

地域包括ケア推進会議

認知症専門部会

令和元年9月5日(木)18時~20時開催
 令和元年度第2回認知症専門部会が開催されました。専門部会の取り組みとして、認知症初期集中支援チーム、認知症ケアパス、認知症カフェ、若年層向け認知症普及啓発等の活動状況について報告を行いました。委員より、「認知症の初期段階(アーリーステージ)について、介護保険につないで終わりとするのではなく、本人のニーズに応じた地域の社会資源につなぐ【生きがい支援】が必要ではないか」とご意見をいただきました。また、東西いきいき支援センターで実施した大学生への認知症サポーター養成講座について、「是非すすめてほしい。大学生に認知症の理解を深めてもらいたい」とご意見をいただきました。11月6日(日)13時からは、千種区役所講堂において、『第16回認知症についての市民シンポジウム~認知症予防・今できること~』を予定しております。多くの方のご参加をお待ちしております。

認知症専門部会

認知症専門部会

☆認知症高齢者を介護するご家族様へ☆

認知症高齢者を介護するご家族を支援するため様々な活動をしています。
ぜひご活用ください。(令和元年10月~令和2年3月開催分掲載中)

認知症高齢者を介護するご家族様へ

家族教室

認知症に関する知識・介護方法などの学習や介護体験者との交流を行います。

家族教室

令和元年11月28日(木)13時30分~15時30分開催
下半期第2回目の教室は、10名の方が参加されました。「認知症の人を正しく理解しよう」をテーマに、黒川医師より、認知症の種類や特徴について解りやすく説明をしていただきました。参加者の質問に対しては、具体的な対応方法を丁寧に助言いただき、参加者からは「認知症の対応についてよく理解できました」「もやもやしていた気持ちがすっきりした」との感想をいただきました。今後も、医師を交え、正しい認知症の理解や適切な対応方法などを情報提供していきたいと思います。
次回開催は12月26日(木)予定です。

家族サロン

認知症の方を介護する悩みや不安を介護者同士が話し合い交流を深めます。

家族サロン

令和元年11月20日(水)13時30分~15時30分開催
 今月は3名の参加でした。最近の出来事や介護ストレスの軽減方法などについて話し合いました。参加者からは、「庭の手入れや地域の催しに参加している。」「お遍路巡りを勧められ、行ってみたら介護のことを忘れて没頭できた。」など、「人と話をしたり出かけたりすることが大切だね。」という感想で一致しました。今現在、介護で悩んでいる方々にできるだけ多く参加していただき、参加者が思いや悩みを共有できるよう、今後も広報や周知に努めていきたいと思います。
次回開催は12月18日(水)です。

もの忘れ相談

認知症の症状や治療についてお困りのことがありましたら相談ください。

物忘れ相談

 令和元年11月19日(火)14時~14時25分開催
 今回は、認知症の初期症状がある方を担当しているケアマネジャーからの相談でした。「本人が認知症であることを自覚できないため、認知症の検査を受けられず、薬も処方されていない。どう支援したらよいか。」と言う相談でした。医師からは、要介護認定申請のタイミングに受診を勧め、まずは主治医に簡単な認知症の検査をしてもらい、更に検査の必要があれば、主治医から専門医へ紹介してもらうのがよいのでは、と助言を頂きました。物忘れ相談は、ご本人・ご家族の他、ケアマネジャーなどの支援者も医師への相談ができる機会です。ぜひご活用ください。
 次回開催は12月17日(火)

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター」とは認知症について学び理解した、認知症の方やご家族の応援者です。

認知症サポーター養成講座

令和元年11月26日(火)14時~15時30分開催
 今月は、介護に携わる専門職の方と認知症の方を介護されているご家族の2名が参加されました。講座では、認知症という病気について、またご本人の思いや対応方法について説明させていただきました。参加者からは、「ご本人が困っている状況であれば、ちょっとした事でも役に立てるようにしていきたい」「まずはあいさつなどからご本人に働きかけていきたい」などの感想を頂きました。いきいき支援センターでは隔月、認知症サポーター養成講座を定期開催し、認知症について学びます。ご家族やお友達、地域の仲間などとぜひお申込みください。
 次回開催は令和2年1月28日(火)

☆専門職の皆様へ☆

知識の向上やネットワークの構築を目的に様々な研修会を開催しています。
ぜひご参加ください。

ケアマネサロン

ケアマネサロン

令和元年6月21日(金)13時30分~15時30分開催
 今回のケアマネサロンは障害者基幹相談支援センターと障害福祉サービス事業所の職員より、「障害福祉サービスと障害者住宅改造補助事業の活用について」の話をしていただきました。参加者より「障害者サービス利用者が65歳となり、介護保険サービスへ移行する際の連絡調整や住宅改造について理解する事ができました。」「今後、共生型のニーズに応えていく上で、役立つ情報を得られました。」との感想をいただきました。
 今後もケアマネサロンでは、地域のケアマネージャー向けに、ニーズに応じたタイムリーな情報発信に努めていきたいと思います。

はいかい高齢者おかえり支援事業模擬訓練

平成30年9月12日(火)10時~12時開催
 椙山女学園大学星ヶ丘キャンパスで、千種区認知症専門部会主催の「はいかい高齢者おかえり支援事業模擬訓練」が開催されました。
 小雨の中、一般申込者31名と看護学部の学生や先生が参加され、「名古屋市内で発生している徘徊事例の紹介」や「認知症の方への声かけ講座」等、徘徊する高齢者への対応方法についての説明を行いました。
 その後、キャンパス内外でグループに分かれ、捜索→声掛け→通報の一連の訓練を行いました。参加者から、「1人で対応するのは難しいので、周りの人達のサポートが必要だと思った」「大きな声や正面から声をかけてしまい、相手を驚かせてしまった」「通報時、警察役からの質問にうまく答えられなかった」等の感想が述べられました。実際に即した訓練をすることで、皆さんには徘徊に対する意識を新たにしていただけたのではないかと思います。
 最後に千種警察署から、「徘徊する人に遭遇したら、勇気を持って声をかけてほしい。警察へも遠慮なく通報してほしい」と説明がありました。

名古屋市療養サービス事業団 TEL:052-482-3781 FAX:052-482-3805 メールでのお問い合わせはこちら