緑区南部

〒458-0825
名古屋市緑区左京山3038番地
TEL:(052)624-8343 FAX:(052)624-8361
担当地域:相原・有松・大高・大高北・大高南・桶狭間・太子
     鳴海・南陵・東丘・平子・緑

  • トップに戻る
  • トップに戻る

所長の一言

 千種区東部いきいき支援センターより異動でまいりました笹山満栄です。
 19名の職員と共に力をあわせ、「健康・福祉・介護・医療など地域の身近な相談窓口」として精いっぱい取り組んでまいります。
 どうぞよろしくお願いいたします。

新着情報

<今月の更新記事>
 今月は認知症専門部会、家族教室、家族サロン、物忘れ相談、認知症サポーター養成講座、ミニデイ・運動型通所サービス事業所とケアマネジャーの情報交換会について更新しました。
<今月のひとこと>
 暑い毎日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 緑区南部いきいき支援センターでは、強い西日対策にゴーヤのカーテンを栽培中です。
 この夏を元気に乗りきるためにも、しっかりと水分や栄養のある食事、休息をとるなどして過ごしましょう。

☆地域の方々へ☆

地域包括ケア推進会議・認知症専門部会とは、医師会や保健・医療・福祉関係者が連携することにより、認知症高齢者とそのご家族を地域で支え暮らしやすい社会の仕組み作りをしています。

地域包括ケア推進会議

平成29年2月16日(木)13時30分~15時00分開催
 平成28年度 第2回緑区地域包括ケア推進会議を緑保健所で開催しました。
 緑区地域包括ケア推進会議の平成28年度事業報告と平成29年度事業計画、「認知症の方にやさしい店」の取り組みについて報告しました。委員の方より、「ステッカーの一般公募により、地域の方に認知症について考えていただく機会にもなったのでは。」と意見がありました。
 平成29年度は、「認知症の方にやさしい店」の登録がすすみ、認知症の方々が安心してご利用いただけるお店を増やしていけるよう努めていきます。
 緑区版認知症ケアパスは、高齢者関連の機関など5000部配布いたしました。
 平成29年度事業計画(案)は、地域支援ネットワーク部会、在宅医療介護連携部会、認知症専門部会、生活支援連絡会、それぞれの計画について承認いただきました。
 平成29年度も地域包括ケアシステム構築を更に充実させていくことを確認しました。

地域包括ケア推進会議

認知症専門部会

平成29年7月26日(水)144時00分~15時30分開催
 今回は、訪問看護認定看護師桑山和美氏による「認知症の人とのファーストコンタクトの方法」について講演会を行いました。ケアマネジャー等専門職54名が参加されました。講演後アンケートでは「分かりやすかったので明日からすぐに実践してみたい」など意欲的な意見が多く聞かれました。今後も、認知症の方への支援について理解を深め、より良い支援につなげられるような研修を開催していきたいと思います。

認知症専門部会

家族教室

認知症高齢者を介護するご家族を支援するため様々な活動をしています。
ぜひご活用ください。

見守り支援事業

家族教室

平成29年7月21日(金)13時30分~15時30分開催
 今回は「認知症の人と家族の会」の方から介護体験をお聞きしました。 お母様の介護をされる中で悩みや不安が強くなり家族会に入られたとのことでした。家族会からいろいろな情報を得て介護に活かせる対策を考えて行動できたようです。参加された夫、妻、娘といろんな立場で介護を経験されている方々です。交流会では、それぞれの思いを自由にお話しいただき、「立場が違えば、思いも違ってくるのですね」等の感想がありました。交流会は参加者で話しやすいなごやかな雰囲気になっています。
 次回は8月18日(金)の予定です。

家族サロン

認知症の方を介護する悩みや不安を介護者同士が話し合い交流を深めます。

家族サロン

平成29年7月24日(月)13時30分~15時30分開催
 認知症の方を介護されている男性参加者からのご希望で、「洗濯のしかた、洗剤の種類について」をテーマに情報を共有しました。昨年12月に洗濯表示が国際規格の記号に変わったことや、表示マークと洗濯方法、汚れを落とすためには水、洗剤の適量を守ることが大切なことを学びました。日常的には洗濯機まかせにしているため、改めて洗濯の意味を知ることが出来たようです。
 また、認知症家族の介護のストレスや悩みについては、他の参加者が優しく受け止め、思いやりのある声掛けや、実体験で工夫されたことなどお話しされました。「なごやか雰囲気の中でいっぱい話ができ、気持ちがすっきりして良かった」との感想を頂きました。
 次回は、8月21日(月)を予定していますので、参加をお待ちしています。

もの忘れ相談

認知症の症状や治療についてお困りのことがありましたら相談ください。

物忘れ相談

平成29年7月20日(木)13時30分~15時00分開催
 今回は、認知症ではないかと心配されている方についての相談でした。専門の医療機関を受診することは難しい状況のため、まずはご家族がかかりつけ医に相談することを薦められました。できるだけ強制することを避け、大らかな気持ちで見守ると良いとの助言をいただきました。
 利用者の方々と関わる時の姿勢についても振り返ることができました。
 次回は、8月17日(木)の予定です。お申込みをお待ちしております。

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター」とは認知症について学び理解した、認知症の方やご家族の応援者です。

認知症サポーター養成講座

平成29年7月19日(水)13時30分~15時00分開催
 今回は7名の方が参加しました。広報を見て参加した方、福祉に興味がある方、実際に介護されている方など認知症について意欲的に関わっていきたいという方々の参加でした。講座を通して、認知症の方への対応の仕方が勉強になったという声が多く聞かれました。また、実体験を話してくださる方もいらっしゃいました。
 次回は、8月16日(水)の予定です。お申し込みをお待ちしております。

☆専門職の皆様へ☆

知識の向上やネットワークの構築を目的に様々な研修会を開催しています。
ぜひご参加ください。

ケアマネサロン

ケアマネサロン

平成28年度緑区民生委員児童委員と介護支援専門員交流会
平成29年2月22日(水)午後2時~午後3時30分開催
 毎年恒例の民生委員とケアマネジャーの交流会を、主に新任の民生委員を対象に、講義を通してお互いの仕事について知り、交流を深めるということを目的としました。合わせて93名の多くの方にご参加いただきました。
 講義のあとグループに分かれての交流会では、お互いが抱いていた疑問や不安を解消でき、「これからは密に連絡を取り合って、一緒に地域の高齢者を支えていきたい」とひとつにまとまり、非常に有意義な会となったようでした。

ミニデイ・運動型通所サービス事業所とケアマネジャーの情報交換会

平成27年7月20日(木)13時30分~15時30分開催
緑区役所徳重支所にて、「ミニデイ・運動型通所サービス事業所とケアマネジャーの情報交換会」を行いました。ミニデイ・運動型通所サービス事業所:10事業所12名、居宅介護支援事業所:13事業所26名が参加されました。
 総合事業が開始して1年が経過し、事業所の取り組み内容やケアマネジャーが事業所をどのように選択しているか・どのような情報がほしいか等話し合いました。居宅介護支援事業所から「事業所の特徴や違いが良く分かった」「送迎をしてくれる事業所を知ることができて良かった」と感想がありました。ミニデイ・運動型通所事業所からは「ケアマネジャーと直接交流が持てて良かった」との感想が聞かれました。新しい事業を適切に運営していくためにも情報交換・交流を図る良い機会となったと思います。総合事業が開始して1年が経過し、事業所の取り組み内容やケアマネジャーが事業所をどのように選択しているか・どのような情報がほしいか等話し合いました。居宅介護支援事業所から「事業所の特徴や違いが良く分かった」「送迎をしてくれる事業所を知ることができて良かった」と感想がありました。ミニデイ・運動型通所事業所からは「ケアマネジャーと直接交流が持てて良かった」との感想が聞かれました。新しい事業を適切に運営していくためにも情報交換・交流を図る良い機会となったと思います。

大高学区高齢者守ろうMAPの取り組み状況

大高学区高齢者守ろうMAPの取り組み状況

大高学区高齢者守ろうMAPの取り組み状況

平成27年5月11日
「みんなで見守ろう 高齢者緑区リスクマップ 大高学区版」完成!!
 「緑区リスクマップ大高学区版」がようやく完成し、5月11日、大高学区民生委員児童委員協議会で配布しました。
 このマップは昨年、大府市で発生した徘徊者の死亡事故の裁判判決事例をきっかけに、地域で何かできる事はないかと民生委員さんからの投げかけを頂き、いきいき支援センターがリスクマップの提案をし、民生委員さんや関係機関の協力のもと作成しました。民生委員さんの担当地域で危険だと思われる場所や迷い込んだらわからない場所をあげていただき、それを元にセンター職員が写真撮影をし、関係機関からいただいた情報も加えて、全14ページの冊子に仕上げました。マップ配布の際、大高学区の会長さんは「サポートする人たちにこそ必要な情報。どう活用していくかが大事」と話されました。民生委員の皆様のご協力に感謝いたします。

地域における身近な認知症予防

国立長寿医療センターと緑区で行っている認知症予防のモデル事業に協力しています

地域における身近な認知症予防

平成28年11月25日(金)13時00分~15時30分開催
題:「認知症ってなぁに?2016」
 緑区認知症専門部会主催 「認知症ってなぁに?2016 認知症の早期発見と治療」を緑文化小劇場のホール・ロビーにて開催しました。
 当日は、天気にも恵まれ、400名を超える方に足を運んでいただきました。国立長寿医療研究センター もの忘れセンター副センター長 佐治直樹先生の講演「認知症の早期発見と治療」では、「MCI」(軽度認知障害)や、認知症の検査方法、治療方法について説明と会場からの質問に丁寧にお答えいただきました。国立長寿医療研究センター 予防老年学研究部 李成喆(イ ソンチョル)先生には認知症予防のコグニサイズを、わかりやすく実演を交えながら説明いただき、会場の皆様と楽しく体を動かすことが出来ました。劇団オレンジリングの寸劇では、「ある認知症カフェの光景」と題して認知症カフェを紹介していただきました。介護する方が一人で不安を抱え込まず、また、認知症の方ご本人も安心して集える場所がイメージできたのではないでしょうか。ロビーでは認知症カフェ5か所の方からのカフェ開設状況等の紹介と、高齢者いきいき相談室のケアマネジャーによる相談と資料コーナーが設けられ、多くの方にご利用いただきました。
 今後も地域ケア推進会議認知症専門部会では、市民の皆様が認知症への理解と知識を深め、認知症の方やその家族が地域で安心して暮らしていけるよう、活動を行って参りたいと思います。

医療相談支援事業

医療相談支援事業

平成27年11月6日13時30分~14時30分開催
 居宅介護支援事業所のケアマネジャー11名、地域の医師1名にご参加いただき事例検討会を行いました。老老介護で服薬管理や栄養管理面で問題が生じているケースの検討会でした。結果、「ご夫婦や別居のご家族の意向を確認し尊重しながら、受け入れやすいサービスからすすめていく」などの方向性が出ました。さまざまな視点をもって検討することができ、有意義な時間となりました。

名古屋市療養サービス事業団 TEL:052-482-3781 FAX:052-482-3805 メールでのお問い合わせはこちら