MENU

緑区南部

〒458-0825
名古屋市緑区左京山3038番地
TEL:(052)624-8343 FAX:(052)624-8361
担当地域:相原・有松・大高・大高北・大高南・桶狭間・太子
     鳴海・南陵・東丘・平子・緑

開設時間:月~金曜日午前9時~午後5時(祝日・年末年始除く)

  • トップに戻る
  • トップに戻る

所長の一言

 この度は、緑区南部いきいき支援センターのホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。緑区南部いきいき支援センター所長の中井です。5月から元号が令和に代わりました。そのため、当センターも10連休をいただき、皆様にご不便をおかけしました。
「いきいき支援センター」は、高齢者の皆さまがいつまでも住み慣れた地域で安心して生活できるよう、健康・福祉・介護など様々な相談を応じる機関となっています。
何かお困りのときは、ご連絡ください。

新着情報

<今月の更新記事>
 認知症専門部会、家族教室、家族サロン、もの忘れ相談、認知症サポーター養成講座、ケアマネサロン、医療相談支援事業、認知症ってなあに?2019、有松いきいき相談会・緑区介護フェアについて更新しました。
 Facebookを随時更新しています。是非ご覧ください。
<今月のひとこと>
 肌寒くなりました。朝晩の寒暖差もあり服装の調整や栄養に気を付け、風邪をひかないように心がけたいですね。

☆地域の方々へ☆

地域包括ケア推進会議・認知症専門部会とは、医師会や保健・医療・福祉関係者が連携することにより、認知症高齢者とそのご家族を地域で支え暮らしやすい社会の仕組み作りをしています。

地域包括ケア推進会議

令和元年6月17日(月)13時30分~15時開催
 令和元年度第1回緑区地域包括ケア推進会議を緑保健センターで開催しました。
 議題は、地域包括ケア推進計画・推進体制、各部会等の進捗状況、名古屋市地域包括ケアシステムガイドブックの作成について議論を行いました。
 今後も、「健やかにともに支えあう 豊かな地域 緑区」を目指し、取り組んでまいります。

地域包括ケア推進会議

認知症専門部会

令和元年9月28日(土)8時45分~10時20分開催
 緑区地域包括ケア推進会議認知症専門部会における事業で、「ひとり歩き(はいかい)高齢者おかえり支援事業模擬訓練」を緑小学校で開催しました。まず、ひとり歩き高齢者への声かけ方法を寸劇で学んでいただき、オレンジリング劇団やキャラバンメイト等のご協力の元、 校庭で「ひとり歩き高齢者役」への声かけ訓練を行いました。 参加者からは「声をかける時にとても緊張したけれど楽しかった」「おばあちゃんがそうなったら助けてあげたい」等のお声をいただきました。緑警察署生活安全課よりのはいかいや特殊詐欺についての講話や、認知症の方への接し方のクイズやDVDを観て学んでいただきました。
 これからも緑区地域包括ケア推進会議認知症専門部会では、認知症の方がその方らしく地域で暮らせる街づくりを推進したいと思います。

認知症専門部会

家族教室

認知症高齢者を介護するご家族を支援するため様々な活動をしています。
ぜひご活用ください。(令和元年10月~令和2年3月開催分掲載中)

見守り支援事業

家族教室

令和元年10月18日(金)13時30分~15時30分開催
 初回の家族教室を行いました。前半は認知症の方と暮らす家族のDVDを視聴していただき、後半はDVDの感想を交えつつ、参加者の方のお顔合わせも兼ねて自己紹介やご自身の思いを吐露していただきました。
 参加者の方からは「(初回から)深いお話が出来てよかった」という感想をいただきました。
 次回開催は、令和元年11月15日(金)13:30~15:30です。

家族サロン

認知症の方を介護する悩みや不安を介護者同士が話し合い交流を深めます。

家族サロン

令和元年10月21日(月)13時30分~15時30分開催
 今回は、交流の時間で現在の状況をお聞きし、参加者よりどんなことに関心があるか意見を募りました。参加者の現状内容から排せつケアコールセンターや、名古屋市はいかい高齢者捜索システム事業の資料をお渡して情報提供をさせていただきました。介護タクシーについて参加者から知りたいとの声があがったため、今後、情報提供させていただくこととしました。
 次回開催は、令和元年11月18日(月)13:30~15:00です。

もの忘れ相談

認知症の症状や治療についてお困りのことがありましたら相談ください。

もの忘れ相談

令和元年10月17日(木)13時30分~15時開催
 認知症のご主人が、食事をほとんど食べず飲酒のみの生活が続き、受診も拒否するため困っているとの相談でした。
 飲酒すると脱水になるので、水分と糖分が入ったものを飲まないといけない等の助言や、信頼できる第三者とのつながりを大切にして、主治医に繋げていくことが必要との助言をしていただきました。
 次回開催は、令和元年11月21日(木)13:30~15:30です。

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター」とは認知症について学び理解した、認知症の方やご家族の応援者です。

認知症サポーター養成講座

令和元年10月9日(水)13時30分~15時開催
 広報等を見て申し込まれた11人の市民の方にご参加いただきました。実際の事例をまじえた講義により「認知症の家族に優しく気長に接したい」「地域の方が安心して暮らせるような、街づくりに参加したい」と、認知症の理解とともに、認知症サポーターとしての役割について、前向きなご意見をいただきました。。
 次回開催は、令和元年11月20日(水)13:30~15:00です。

☆専門職の皆様へ☆

知識の向上やネットワークの構築を目的に様々な研修会を開催しています。
ぜひご参加ください。

ケアマネサロン

ケアマネサロン

令和元年10月10日(木)14時~16時開催
 今月のケアマネサロンは臨床心理士・社会福祉士の講師の方の講義 「ケアマネジャーに必要な精神疾患の理解と精神疾患の方に寄り添う支援について学ぶ(基礎編)~関係づくりのコツ~」でした。精神疾患の方の基本的理解をして、その手立てとしては「人薬を使う」こと、安心と共感を与えるという方法(1)見る(2)話す(3)触れるについて多くのことを学びました。マザー・テレサの「この世の最大の不幸は貧しさや病ではありません。誰からも自分は必要とされていないと感じることです」という言葉を引用して相手を受け止めて、共感していくことの大切さに我々も気づかせていただけた研修会でした。
 次回開催は、令和元年11月14日(水)9:30~11:30です。

医療相談支援事業

 令和元年10月25日(金)13時30分~14時30分
 糖尿病から慢性腎不全を発症し血液透析を受けているの方の事例検討会を行い、14名のケアマネジャーに参加いただきました。糖尿病から慢性腎不全を発症し血液透析を受けているの方の事例検討会を行い、14名のケアマネジャーに参加いただきました。今回は複雑な生活背景から衛生状態が保たれにくい療養環境のケースであり、「生活環境の改善」「カテーテルの長期利用に対する感染予防対策」を課題として検討しました。事例の理解を深めるために、先生からは、血液透析について、シャント造設の理由、透析合併症や感染予防のポイントについてお話しいただき、疾患への理解を深めながらの、課題に対する支援策を検討しあうことができました。参加されたケアマネジャーからは、生活支援の視点から、衛生的な環境に近づけるような、意見を多くいただくことができました。
 次回開催は令和元年12月24日(火)13時30分~14時30分です。

有松いきいき相談会

 令和元年10月25日(火)10時30分~12時
 有松イオンタウン2階で、有松いきいき相談会を行いました。今回は(緑区で考案した体操)キラキラマン体操、言語聴覚士による、食べる機能を保つ為の講話とサルコペニア(筋肉の衰え)測定。福祉用具事業所による、転倒予防の講話とシューフィッティングに必要な足のサイズ測定や骨密度測定を行い、好評を得ました。
 次回開催は、令和元年12月17日(火)10時30分~12時です。

認知症カフェ広報イベント「認知症ってなあに?2019」

 令和元年10月16日(水)13時~15時25分
 若年性認知症当事者からのメッセージ「認知症・笑顔のままで」講演会が開かれました。講演の中で、認知症の当事者の不安な気持ちが、オレンジリングをつけた認知症サポーターの活動により、「わかってもらえる」「サポートしてもらえる」との安心した気持ちへと変わるとのお話がありました。
 その他、劇団オレンジリング劇団により「認知症カフェinわが町」の講演・脳トレみどりによる脳活体操が行われました。

名古屋市療養サービス事業団 TEL:052-482-3781 FAX:052-482-3805 メールでのお問い合わせはこちら