緑区南部

〒458-0825
名古屋市緑区左京山3038番地
TEL:(052)624-8343 FAX:(052)624-8361
担当地域:相原・有松・大高・大高北・大高南・桶狭間・太子
     鳴海・南陵・東丘・平子・緑

開設時間:月~金曜日午前9時~午後5時(祝日・年末年始除く)

  • トップに戻る
  • トップに戻る

所長の一言

 この度は、緑区南部いきいき支援センターのホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。 30年4月に所長に就任しました中井久江です。
「いきいき支援センター」は、高齢者の皆さまがいつまでも住み慣れた地域で安心して生活できるよう、健康・福祉・介護など様々な相談を応じる機関となっています。
何かお困りのときは、ご連絡ください。

新着情報

<今月の更新記事>
 今月は家族教室、家族サロン、もの忘れ相談、認知症サポーター養成講座、ケアマネサロン、医療相談支援事業について更新しました。
<今月のひとこと>
 これからの時期は、熱中症に気を付けて水分補給や休息をしっかりとり、無理のないようにお過し下さい。

☆地域の方々へ☆

地域包括ケア推進会議・認知症専門部会とは、医師会や保健・医療・福祉関係者が連携することにより、認知症高齢者とそのご家族を地域で支え暮らしやすい社会の仕組み作りをしています。

地域包括ケア推進会議

平成30年6月29日(金)13時30分~15時開催
 平成30年度 第1回緑区地域包括ケア推進会議を緑保健センターで開催しました。
 緑区地域包括ケア推進会議の各部会から事業計画について報告がありました。今年度から「介護予防推進検討会」を設置し、関係機関との連携強化により、緑区における地域包括ケアの推進体制の構築を更に充実させていく事を確認しました。
 現在、「認知症の方にやさしい店」は76か所。緑区の認知症カフェは14か所と徐々に広がっています。今後もこの取り組みを皆様に知っていただけるよう啓発・拡充を図っていきます。また、小中学生を含む若い世代に向けた「認知症サポーター養成講座」を推進し、幅広い年齢層の方に「認知症」を理解していただけるように取り組んでいきたいと思います。

地域包括ケア推進会議

認知症専門部会

平成29年7月26日(水)14時~15時30分開催
 今回は、訪問看護認定看護師桑山和美氏による「認知症の人とのファーストコンタクトの方法」について講演会を行いました。ケアマネジャー等専門職54名が参加されました。講演後アンケートでは「分かりやすかったので明日からすぐに実践してみたい」など意欲的な意見が多く聞かれました。今後も、認知症の方への支援について理解を深め、より良い支援につなげられるような研修を開催していきたいと思います。

認知症専門部会

家族教室

認知症高齢者を介護するご家族を支援するため様々な活動をしています。
ぜひご活用ください。

見守り支援事業

家族教室

平成30年6月15日(金)13時30分~15時30分開催
 今回は名古屋市の「介護保険制度」の冊子を使い、要介護認定申請からの流れ、サービス内容、高額介護サービス費・福祉給付金支給制度、成年後見制度権利擁護制度等について、いきいき支援センター職員から説明しました。また、DVDを鑑賞し、認知症の方を周りから見る視点と、認知症本人の視点の違いについて学びました。
 後半の交流会では最近の介護のご様子を話しながら、お互いアドバイスをしていただくことが出来ました。。
 次回は施設職員より認知症の方への接し方のポイント等についてお話していただく予定です。

家族サロン

認知症の方を介護する悩みや不安を介護者同士が話し合い交流を深めます。

家族サロン

平成30年6月18日(月)13時30分~15時30分開催
 前半は、保健センターの管理栄養士のミニ講座で、高齢者の低栄養について講義していただきました。健康についての関心が高く、体重管理や注意が必要な食材の調理法について等、多数の質問が出ました。
 交流の時間には、新規参加者と以前からの参加者が、配偶者を介護している状況と、介護者の状態が似ていることもあり、共感し合いながら活発に意見交換されました。施設入所については「親を入所させるのと、配偶者を入所させるのでは、気持ちの重さが全く違う」という発言がありました。支援している我々が、そのような家族の深い心情までにまで配慮して支援していかなくてはいけないと勉強になりました。

もの忘れ相談

認知症の症状や治療についてお困りのことがありましたら相談ください。

もの忘れ相談

平成30年6月21日(木)13時30分~15時開催
 今回のご相談は、親が認知症ではないかと心配され、認知症専門医に相談する時期や目安は何か教えて欲しいという相談内容でした。
 もの忘れ相談医からは認知症にはどういった症状が出たら治療を始めるという目安はなく、ご家族が認知症をどのように捉えているかにより専門医の受診や投薬開始時期はそれぞれとの説明がありました。かかりつけ医に相談し画像診断等検査を希望されてはというアドバイスと、介護保険サービスを利用して他者と交流を図ることも認知症には良いという助言がありました。
 認知症がご心配な方はもの忘れ相談をご利用ください。
 次回は7月19日です。

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター」とは認知症について学び理解した、認知症の方やご家族の応援者です。

認知症サポーター養成講座

平成30年6月20日(水)13時30分~15時開催
 広報なごやを見て、認知症の方の介護者や認知症の方と関わる事がある方が、認知症について正しく理解し知識を深めより良い対応ができることを目的に参加されました。パワーポイントやDVDを見て、認知症について正しく理解できたとの感想をいただきました。
 より多くの方に認知症サポーター養成講座を受講いただけるように出張講座もいたします。申し込みお待ちしています。
次回の定例開催は7月18日です。

☆専門職の皆様へ☆

知識の向上やネットワークの構築を目的に様々な研修会を開催しています。
ぜひご参加ください。

ケアマネサロン

ケアマネサロン

平成30年6月19日(水)午前13時30分~15時30分開催
 30年度2回目のケアマネサロンは、緑区・近隣区の介護支援専門員45名に参加いただきました。
 今回は、主任介護支援専門員企画研修として、なるみ会ケアプランセンターさんに企画いただきました。「どんどん変わる糖尿病の薬物療法!~糖尿病の最新知見とコントロールのポイント~」とのテーマで、第一なるみ病院 副院長 西田有子先生にお話いただきました。
薬に関する事、栄養の摂り方・工夫について、糖尿病患者の脱水予防について、歯周病との関係、認知症との関連、隠れ糖尿病について等、講話+事例を基に、質問に回答する形式でお話をいただきました。ケアマネジャーとして糖尿病を抱える利用者を担当した時に生活支援のポイント含め留意すべき点などを知ることができ、今後の支援に生かしていける内容でした。
次回第3回目ケアマネサロンは、8月28日(火)13時30分から開催を予定しております。

交流会

 緑区民生委員児童委員協議会
 平成30年4月
 太子学区、東丘学区、緑学区、南陵学区、大高学区、大高北学区、有松学区、平子学区、相原学区の民生委員児童委員協議会に参加させて頂き、認知症家族支援事業の説明と上半期の予定、高齢者見守り支援事業、認知症による行方不明の時への備えについて説明をさせて頂きました。

名古屋市療養サービス事業団 TEL:052-482-3781 FAX:052-482-3805 メールでのお問い合わせはこちら