中川区東部

〒454-0031
名古屋市中川区八幡本通二丁目27番地 コーポ中野 1階
TEL:(052)354-8343 FAX:(052)354-8341
担当地域:愛知・篠原・昭和橋・玉川・露橋・常磐・中島・西中島      広見・八熊・八幡

開設時間:月~金曜日午前9時~午後5時(祝日・年末年始除く)

  • トップに戻る
  • トップに戻る

所長の一言

 爽やかな風の吹く季節となりました。ウオーキングにはぴったりですね。
 寒暖の差にご注意いただきながらお過ごしください。

新着情報

<今月の更新記事>
・下記の内容を更新いたしました。
 ☆地域包括ケア推進会議☆
 ☆認知症専門部会☆
 ☆認知症高齢者を介護するご家族様へ☆ 
 (家族教室)(家族サロン)(もの忘れ相談)(認知症サポーター養成講座)
 ☆ケアマネジャー支援事業☆
  ケアマネサロン
 Facebook更新しています。是非ご覧ください。
<今月のひとこと>
 紅葉の美しい時期となりました。秋の味覚も楽しみです。積極的に外出をし、体力をつけていきましょう。

☆地域の方々へ☆

地域包括ケア推進会議・認知症専門部会とは、医師会や保健・医療・福祉関係者が連携することにより、認知症高齢者とそのご家族を地域で支え暮らしやすい社会の仕組み作りをしています。

地域包括ケア推進会議

 平成29年2月24日(金)13時30分~15時開催
 平成28年度第2回 中川区地域包括ケア推進会議を開催しました。下記の議題で会議を行い、平成29年度事業計画(案)の承認をいただきました。
①平成28年度の各部会の取り組み状況及び平成29年度事業
 計画(案)
②平成29年度の事業計画(市提出)
③新しい総合事業の検証
④地域包括ケアシンポジウム
⑤その他

認知症専門部会

 平成30年10月25日(木)13時30分~14時10分開催
 場所:中川区休日急病診療所 3階会議室 
 平成30年度認知症専門部会が行う下記の事業計画について活動報告及び進捗状況の確認を行い、情報共有・意見交換を致しました。
・認知症セミナーについて(11月11日開催予定)
・第2回認知症カフェ交流会について(11月13日開催予定)
・第2回若年性認知症サロンについて(11月2日開催予定)
・認知症講演会報告 
・認知症専門職研修報告 
・中川福祉会館・認知症予防教室及び認知症リーダー養成講座募集について
・認知症ケアパス改訂について

☆認知症高齢者を介護するご家族様へ☆

認知症高齢者を介護するご家族を支援するため様々な活動をしています。
ぜひご活用ください。

見守り支援事業

家族教室

認知症に関する知識・介護方法などの学習や介護体験者との交流を行います。

家族教室

平成30年10月19日(金)13時30分~15時30分開催 
認知症地域支援推進員から認知症カフェの説明と、いきいき支援センター職員が、いきいき支援センターの役割、認知症の動向、家族支援事業、認知症に関する社会資源の紹介を行いました。参加者の方から「今まで知らないことが多かったので良かった」等、感想を頂きました。
 また、交流会では日頃の介護のことや、困りごと等を和やかな雰囲気の中で話し合いました。はじめは皆様緊張から少し硬い表情でしたが、会が進むにつれて笑顔が増え、時に笑いがある穏やかなひとときの中、日ごろの疲れをリフレッシュすることができたようです。

家族サロン

認知症の方を介護する悩みや不安を介護者同士が話し合い交流を深めます。

家族サロン

平成30年10月18日(木)13時30分~15時30分開催
 今回は新しい参加者から悩みや思っていることを話して頂きました。介護経験者からは、「もっと手を抜いたほうがいい。あまり深く考えないように気楽にやればいい」等アドバイスを頂いたり、「違う悩みだがうちではこうだった」と他の経験者からの話も伺うことができました。終始皆が思い思いに感じたことや経験談を話すことができ、和やかな雰囲気で終えることができました。

もの忘れ相談

認知症の症状や治療についてお困りのことがありましたら相談ください。

物忘れ相談

平成30年10月15日(金)13時30分~14時開催
 今月は1名の方から相談がありました。ご長男夫婦が仕事の為、日中独居の方です。ご長男のお嫁様より、「認知症のクスリを服用するとどのような変化があるのか、認知症が進んだ時の接し方がわからない」とのご相談でした。             医師からは、「主治医に相談して、服薬のタイミングを家族が見守ることのできる朝から夜に変更してもらう。相談者、被相談者の関係性が良好であり、維持のためにも否定をせずに接する。今後もいろんなことは起こるが、かかりつけ医に継続受診する。」等の助言を頂きました。

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター」とは認知症について学び理解した、認知症の方やご家族の応援者です。

認知症サポーター養成講座

 平成30年10月27日(土)14時~15時30分開催 
 今月は、民生委員会長からの依頼を受け地域のコミュニテーセンターで出張開催を行い、21名の方が出席されました。
 実際に介護された方からは、この講座を受けていたら、もっとうまく接することができたかもとご意見をいただきました。

 超高齢化社会の日本では、認知症は他人ごとではありせん。地域の皆様が認知症サポーターとなれるよう今後も講座を続けていきます。ご本人はもとより、介護されているご家族にも目を向けながら、認知症サポーターと共に優しい地域づくりを目指していきたいと思います。サポーター養成講座は出張開催も致します。お気軽にご依頼いただければと思います。

☆専門職の皆様へ☆

知識の向上やネットワークの構築を目的に様々な研修会を開催しています。
ぜひご参加ください。

ケアマネサロン

ケアマネサロン

ケアマネサロン

 平成30年10月29日(月)14時~16時開催
 『早期発見や虐待対応に向けた連携について』をテーマに民生委員、サービス事業所、ケアマネジャーを対象に、77名の方に参加いただきました。
 日本福祉大学非常勤講師 塚本鋭裕氏の講演を伺いました。グループワークにて、高齢者虐待の発見のポイントや、事例を通して対応、連携方法を話し合いました。参加者からは、『先生の話の重要ポイント毎に、グループワークがあり課題に対し、意見交換ができ、理解しやすかった。』『時間が短くあっという間だった』と感想を頂きました。

第1回西中島学区地域ケア会議

 平成30年10月24日(水)14時~15時30分開催
 西中島学区の高齢者の方が地域で安心して生活を送ることができるように、地域にどういった課題があるのかを抽出する目的で、区政協力委員長様や民生委員会長様、老人クラブ理事様、中川福祉会館館長様、中川児童館長様、名古屋市住宅供給公社西部支部職員様、老人保健施設職員様、グループホーム職員様等、多くの地域の方に参加いただきました。
 日本福祉大学非常勤講師 塚本鋭裕氏から、アドバイザーとして貴重なご意見を頂きました。グループワークでは事例を通して、自分だったらどう関わってほしいか、隣の人にもし支援が必要だったら、どんな言葉をかけようと思うか、どこに相談するのがよいのかを話し合いました。
 「日ごろから声をかけ合える関係をつくっておくのがいいよね」や「もし自分だったらやさしく声かけてほしいな」等、今困っている高齢者のことをだけではなく、将来もし自分に支援が必要になった時にどんな地域であってほしいのか、多くの意見を頂きました。また会議が進むにつれ、「ここからだといきいき支援センターは少し遠いから、歩いて気軽に相談にいけるところがないよね」等、地域課題が出てきました。
 今回の会議で出てきた地域課題を、次回の2回目の会議で検討し、高齢者の方だけではなく、誰もが安心して生活を送ることができる地域になるよう、地域の方と一緒に考えていきたいと思います。

名古屋市療養サービス事業団 TEL:052-482-3781 FAX:052-482-3805 メールでのお問い合わせはこちら