中川区東部

〒454-0031
名古屋市中川区八幡本通二丁目27番地 コーポ中野 1階
TEL:(052)354-8343 FAX:(052)354-8341
担当地域:愛知・篠原・昭和橋・玉川・露橋・常磐・中島・西中島      広見・八熊・八幡

開設時間:月~金曜日午前9時~午後5時(祝日・年末年始除く)

  • トップに戻る
  • トップに戻る

所長の一言

 爽やかな風の吹く季節となりました。ウオーキングにはぴったりですね。
 寒暖の差にご注意いただきながらお過ごしください。

新着情報

<今月の更新記事>
・下記の内容を更新いたしました。
 ☆認知症高齢者を介護するご家族様へ☆ 
 (家族教室)(家族サロン)(もの忘れ相談)(認知症サポーター養成講座)
☆ケアマネジャー支援事業☆
  ケアマネサロン
 Facebook更新しています。是非ご覧ください。
<今月のひとこと>
 紫陽花の花が少しずつ咲き始め、楽しみな季節となりました。梅雨の到来と共に寒暖の差が出てきますので、羽織るものを一枚用意して、お出かけ下さい。

☆地域の方々へ☆

地域包括ケア推進会議・認知症専門部会とは、医師会や保健・医療・福祉関係者が連携することにより、認知症高齢者とそのご家族を地域で支え暮らしやすい社会の仕組み作りをしています。

地域包括ケア推進会議

平成29年2月24日(金)13時30分~15時開催
 平成28年度第2回 中川区地域包括ケア推進会議を開催しました。下記の議題で会議を行い、平成29年度事業計画(案)の承認をいただきました。
①平成28年度の各部会の取り組み状況及び平成29年度事業
 計画(案)
②平成29年度の事業計画(市提出)
③新しい総合事業の検証
④地域包括ケアシンポジウム
⑤その他

認知症専門部会

認知症専門職研修
平成30年1月24日(水)14時~16時開催 於:中川区役所講堂
第1部「認知症当事者の話を聴こう~認知症でも笑顔のままで~」
講師 おれんじドアも~やっこ名古屋代表 山田真由美氏
 (名古屋認知症相談支援センター 鬼頭 史樹氏)
第2部「ポジティブケアで、介護者も笑顔に」
講師 名古屋市認知症介護指導者・鬼頭恵津子氏
参加者は認知症サポーター養成講座修了者、地域住民、介護サービス事業者、病院関係者、福祉会館利用者のかたなど100名以上となりました。
山田氏の前向きなお話しや実体験をお聞きし、認知症に対するイメージが大きく変わったと感想をいただきました。グループワークで多かった意見は、「認知症当事者の話を直接聞く事が出来て、多くの可能性がある事を感じた。」でした。また、鬼頭恵津子氏から今から実践できる認知症予防、職場や地域でできるポジティブケアについて学ぶことができ、認知症になっても住み慣れた街や施設で安心して過ごせる地域づくりに活かせる講演でした。

☆認知症高齢者を介護するご家族様へ☆

認知症高齢者を介護するご家族を支援するため様々な活動をしています。
ぜひご活用ください。

見守り支援事業

家族教室

認知症に関する知識・介護方法などの学習や介護体験者との交流を行います。

家族教室

平成30年5月18日(金)13時30分~15時30分開催
 医師より【認知症を正しく理解しよう】という内容で講義をして頂きました。
 皆様、終始真剣に講話を聞かれており、認知症についての理解を深めて頂けたように思います。講話終了後の交流会では、「家族や知人に怒ることがあり困っている」や「今日はデイサービスに行ってくれた」等、日ごろの介護の様子や、困っている事をお互い話し合いました。また、先生への質問や相談を通して、日ごろの悩みや不安を解消して頂けたようです。

家族サロン

認知症の方を介護する悩みや不安を介護者同士が話し合い交流を深めます。

家族サロン

平成30年5月17日(木)13時30分~15時30分開催
 今回の出席者は4名でした。ご本人への介護の状況や介護に至った経緯について、また、参加者自身の今までの病気についてなど、落ち着いた雰囲気の中で込み入った話をすることができました。
 今後施設入所を検討している方には、参加者の先輩方から今後の施設の選び方についてアドバイスをされたり「ここでいろいろな情報を得ることができた、ここに来ることによって流れに乗った」とサロンの活用について話がありました。今後も参加者の方のご相談内容によって臨機応変に話題を提供したり、話を広げたり、気軽に話せる環境を心がけたいです。

もの忘れ相談

認知症の症状や治療についてお困りのことがありましたら相談ください。

物忘れ相談

平成30年5月24日(木)13時30分~14時20分開催
 今月は3名の方から相談がありました。3名とも、ご自身の相談で、『最近物忘れが増えたので心配、今後どうしたらよいか教えてほしい』という内容でした。担当医は、認知症の簡単なテストを行い、『年相応のもの忘れと思われるため心配ない、友人と交流する機会を増やしたり、外出等して刺激のある生活を継続していって下さい』とアドバイスをいただきました。

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター」とは認知症について学び理解した、認知症の方やご家族の応援者です。

認知症サポーター養成講座

平成30年5月17日(木)10時30分~12時開催
 先月に引き続き、福祉会館で開催されている“認知症予防教室”の一環として開催し、11名の方に参加していただきました。
 ご自身の家族が認知症になり、実生活で経験された方が、講座を受講され振り返った時に「今では理解でき、ある程度対応もできます」と感想を頂きました。この講座をきっかけに、認知症の方やその家族に対してサポートや声掛けをしたいと思われた方が、たくさんいらっしゃいました。
 ご本人はもとより、介護されているご家族にも目を向けながら、認知症サポーターと共に優しい地域づくりを目指していきたいと思います。
 サポーター養成講座は出張開催も致します。お気軽にご依頼いただければと思います。

☆専門職の皆様へ☆

知識の向上やネットワークの構築を目的に様々な研修会を開催しています。
ぜひご参加ください。

ケアマネサロン

ケアマネサロン

ケアマネサロン

平成30年5月15日(火)14時~16時開催
 『ターミナル期における訪問看護の役割』をテーマに意見交換、交流会を開催しました。訪問看護職11名とケアマネジャー44名に参加していただきました。ターミナル期における訪問看護の役割についての説明の後、グループワークにてケアマネジャーと訪問看護職でターミナル期における連携について活発に意見が交わされ、それぞれの役割や苦労、思いを知ることができました。
 支援していく過程では連携が重要になります。一方的な連携ではなく顔の分かる関係つくりをしていきたいと思います。

在宅医療・介護研究会

在宅医療・介護研究会

名古屋市療養サービス事業団 TEL:052-482-3781 FAX:052-482-3805 メールでのお問い合わせはこちら