MENU

緑区南部

〒458-0825
名古屋市緑区左京山3038番地
TEL:(052)624-8343 FAX:(052)624-8361
担当地域:相原・有松・大高・大高北・大高南・桶狭間・太子
     鳴海・南陵・東丘・平子・緑

開設時間:月~金曜日午前9時~午後5時(祝日・年末年始除く)

  • トップに戻る
  • トップに戻る

所長の一言

 この度は、緑区南部いきいき支援センターのホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。緑区南部いきいき支援センター所長の中井です。5月から元号が令和に代わりました。そのため、当センターも10連休をいただき、皆様にご不便をおかけしました。
「いきいき支援センター」は、高齢者の皆さまがいつまでも住み慣れた地域で安心して生活できるよう、健康・福祉・介護など様々な相談を応じる機関となっています。
何かお困りのときは、ご連絡ください。

新着情報

<今月の更新記事>
 認知症専門部会、家族サロン、もの忘れ相談、認知症サポーター養成講座、ケアマネサロンについて更新しました。
 上記内容を更新しました。
 Facebookを随時更新しています。是非ご覧ください。
<今月のひとこと>
 さわやかな秋の気配になりました。この時期に体を動かす機会を増やしたり、新しいことを始めたりするなどして、活動的に過ごしたいものです。朝晩が少し肌寒くなってきておりますので、寒暖差に注意しながらお過ごしください。

☆地域の方々へ☆

地域包括ケア推進会議・認知症専門部会とは、医師会や保健・医療・福祉関係者が連携することにより、認知症高齢者とそのご家族を地域で支え暮らしやすい社会の仕組み作りをしています。

地域包括ケア推進会議

令和元年6月17日(月)13時30分~15時開催
 令和元年度第1回緑区地域包括ケア推進会議を緑保健センターで開催しました。
 議題は、地域包括ケア推進計画・推進体制、各部会等の進捗状況、名古屋市地域包括ケアシステムガイドブックの作成について議論を行いました。
 今後も、「健やかにともに支えあう 豊かな地域 緑区」を目指し、取り組んでまいります。

地域包括ケア推進会議

認知症専門部会

令和元年9月20日(金)13時30分~15時開催
 令和元年度第2回認知症専門部会を開催しました。議題は、認知症ケアパスの配布について、認知症の方にやさしい店の進捗状況、認知症カフェイベント、認知症初期集中支援チームの活動、地域包括ケアシステムガイドブックにおける区の取り組みPRページについて等についてご意見をいただきました。

認知症専門部会

家族教室

認知症高齢者を介護するご家族を支援するため様々な活動をしています。
ぜひご活用ください。(令和元年10月~令和2年3月開催分掲載中)

見守り支援事業

家族教室

令和元年8月16日(金)13時30分~15時30分開催
 特別養護老人ホームから専門職の方に講師としてお越し頂き、認知症の方との関わり方についてアドバイスを頂くとともに意見交換をしました。認知症の方の世界を理解するためにはどのような視点が必要か、気持ちを理解し寄り添い関わっていくためには、日頃から何に注意を向けていくことが関わり方のヒントになるか等について一緒に考える機会となりました。
 次回開催は、令和元年10月18日(金)13:30~15:30です。

家族サロン

認知症の方を介護する悩みや不安を介護者同士が話し合い交流を深めます。

家族サロン

令和元年9月30日(月)13時30分~15時30分開催
 今回は「家族サロン・拡大版」を行いました。野菜についての講義をお願いし、認知症の方を介護されている方だけではなく地域住民にも参加していただきました。参加者から野菜について意外な話が聞けたと好評でした。介護者の方からは、良い気分転換になったという声をいただきました。
 次回開催は、令和元年10月21日(月)13:30~15:00です。

もの忘れ相談

認知症の症状や治療についてお困りのことがありましたら相談ください。

もの忘れ相談

令和元年9月19日(木)13時30分~15時開催
 今回は2ケースの相談がありました。1人目は、独居で2月より認知症が進行し5月にはHDS-R19点。5月以降未受診。自宅はゴミ屋敷。受診に繋げるための対応の相談をされ、もの忘れ相談医からは「本人と信頼関係を築き受診に繋ぐことが必要。受診拒否が強い場合は、チームで対応することが必要である」と助言されました。2人目は、認知症による被害妄想のある方との距離の取り方について、知人よりご相談がありました。もの忘れ相談医からは、「認知症症状により認知症の方が事実ではなくても思い込みが生じて話されることもあるため注意を要する事や、距離が近すぎたり話に引き込まれ過ぎると、相談者にとって大きな負担となるためご家族や相談機関に任せながら対応されるのが望ましい」とアドバイスされました。
 次回開催は、令和元年10月17日(木)13:30~15:00です。

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター」とは認知症について学び理解した、認知症の方やご家族の応援者です。

認知症サポーター養成講座

令和元年9月18日(水)13時30分~15時開催
 広報等を見て申し込まれた8人の市民の方に参加していただきました。認知症の方や家族への働きかけは、「プライバシーの問題もあり難しいこともあるがのんびりゆっくりやっていきたい」「地域で、見ただけで認知症かどうかはわからないので、どんな人にも親切に接することができたらと思う」とのご意見がありました。また「認知症の予防方法についての講座をやってもらいたい」「おかえり支援サポーター制度を知ることができてよかった」と自分ごととして考えていただけました。
 次回開催は、令和元年10月9日(水)13:30~15:00です。

☆専門職の皆様へ☆

知識の向上やネットワークの構築を目的に様々な研修会を開催しています。
ぜひご参加ください。

ケアマネサロン

ケアマネサロン

令和元年9月26日(木)13時30分~16時開催
 発症以前は看護師として支援する側であった難病当事者の方から、支援する側、される側、それぞれの視点から「支援とは何か」をお話いただきました。保健センターの講話では、難病疾患の特徴と制度の活用について学びました。講演後のフリートークカフェでは、「ACP、エンドオブライフの大切さ」、「支援は上から下を見るのでなく、俯瞰してみること」「要支援者と同じ方向を見ながら、少し前に進んで支援を考える」等、ケアマネジャーはどう支援すべきかをさらに深く聞くことができました。
 次回開催は、令和元年10月10日(木)13:30~16:00です。

医療相談支援事業

 令和元年8月28日(水)13時30分~14時30分
 パーキンソン病の方の事例を通して事例検討会を行い、16名のケアマネジャーに参加いただきました。先生からはパーキンソン病とレビー小体型認知症について説明をいただき、疾患への理解を深めながら、どのように本人支援をしていくとよいのかを話し合いました。
 次回は令和元年10月25日(金)13時30分開催となります。ご参加をお待ちしております。

有松いきいき相談会

 令和元年8月27日(火)10時30分~12時
 「有松いきいき相談会」をイオンタウン有松の2階自由通路にて開催しました。第一部は認知症予防体操、第二部はアロママッサージを行いました。参加者の方のアンケートでは満足との回答が大半でした。ぜひイオンタウン有松に来られましたらご参加ください。
 次回は 令和元年10月29日(火)10時30分~12時00分です。

認知症カフェ広報イベント

 令和元年8月20日(火)13時30分~15時30分
 8月20日にイオンモール大高にて、「認知症の方にやさしいまちづくり 認知症カフェを体験しよう!」を開催し、約200名の方に参加していただきました。普段、認知症カフェで行っている工作や「もしバナ」、また、脳年齢測定・握力・血圧測定も行い、バルーンアートの配布も行いました。アンケートでは、「認知症カフェに行ってみたい」などの感想もいただきました。
 今後も、このような企画を行い「認知症カフェ」を身近な場所として知っていただけたらと思います。

名古屋市療養サービス事業団 TEL:052-482-3781 FAX:052-482-3805 メールでのお問い合わせはこちら