nakagawa_h1

〒454-0031
名古屋市中川区八幡本通二丁目27番地 コーポ中野 1階
TEL:(052)354-8343 FAX:(052)354-8341
担当地域:愛知・篠原・昭和橋・玉川・露橋・常磐・中島・西中島      広見・八熊・八幡

開設時間:月~金曜日午前9時~午後5時(祝日・年末年始除く)

  • トップに戻る
  • トップに戻る

所長の一言

 爽やかな風の吹く季節となりました。ウオーキングにはぴったりですね。
 寒暖の差にご注意いただきながらお過ごしください。

新着情報

<今月の更新記事>
・下記の内容を更新いたしました。
 ☆認知症高齢者を介護するご家族様へ☆ 
 (家族教室)(家族サロン)(もの忘れ相談)(認知症サポーター養成講座)
 ☆ケアマネジャー支援事業☆
  ケアマネサロン
 Facebook更新しています。是非ご覧ください。
<今月のひとこと>
 今年は暖冬のようですね。外出を楽しむ機会が増えそうです。寒暖の差も大きくなりますので衣類をこまめに調節し体を冷やさないよう気をつけましょう。

☆地域の方々へ☆

地域包括ケア推進会議・認知症専門部会とは、医師会や保健・医療・福祉関係者が連携することにより、認知症高齢者とそのご家族を地域で支え暮らしやすい社会の仕組み作りをしています。

地域包括ケア推進会議

 平成29年2月24日(金)13時30分~15時開催
 平成28年度第2回 中川区地域包括ケア推進会議を開催しました。下記の議題で会議を行い、平成29年度事業計画(案)の承認をいただきました。
①平成28年度の各部会の取り組み状況及び平成29年度事業
 計画(案)
②平成29年度の事業計画(市提出)
③新しい総合事業の検証
④地域包括ケアシンポジウム
⑤その他

認知症専門部会

 <若年性認知症サロン> 
 平成30年11月2日(金)13時30分~16時開催 
 若年性認知症当事者とそのご家族向けに、若年性認知症当事者キャラバンメイトによる『認知症サポーター養成講座』を開催しました。“やさしいまちなごや”の実現に向け、講座後には8名の当事者の皆さんに普段の生活で感じていることや困っていることについて話し合っていただく『本人ミーティング』を行いました。
 皆さん、気持ちが解放された様子で積極的に発言をされました。困っている点については「特に困っていないが車のスピードが速くて怖い、横断歩道を渡るのが怖い。」「車線が多くて広すぎる」「実際にオレンジリングをつけている人が少なく、ヘルプマークの意味を知っている人もいない。」という意見がありました。
 <認知症カフェ交流会> 
 平成30年11月13日(火)13時30分~16時 
 区内の認知症カフェ11事業者にご協力いただき、認知症カフェのPRを地域の認知症サポーターや民生委員・ケアマネジャー向けに行いました。各ブースでお茶やコーヒーを楽しみながら、地域の認知症カフェに関する情報交換をしていただくとともに、研修パートでは『認知症の人とのかかわり方について』と題し、当事者のインタビューを行うなど、認知症について会場みんなで考える良い機会となりました。

☆認知症高齢者を介護するご家族様へ☆

認知症高齢者を介護するご家族を支援するため様々な活動をしています。
ぜひご活用ください。

見守り支援事業

家族教室

認知症に関する知識・介護方法などの学習や介護体験者との交流を行います。

家族教室

平成30年11月16日(金)13時30分~15時30分開催 
「認知症を正しく理解しよう」という内容で医師より講義をして頂きました。皆様、終始真剣に講義を聞かれており、認知症についての理解を深めて頂けたように思います。講義終了後の交流会では、「知人に怒ることがあり困っている」や「デイサービスに行くようになり、少しずつ改善してきた」等、日ごろの介護の様子や、困っている事をお互い話し合いました。また、先生への質問や相談を通して、日ごろの悩みや不安を解消して頂けたようです。

家族サロン

認知症の方を介護する悩みや不安を介護者同士が話し合い交流を深めます。

家族サロン

平成30年11月15日(木)13時30分~15時30分開催
 今回は新規の方1名と3名の参加者、OBの方2名の参加がありました。お仕事をしながら義母の介護をされている方のお話しでは、ご本人の状態の変化があるため参加者が仕事を休むと、ご本人も気にしている様子で、仕事との両立を悩んでおられるようでした。他の参加者からは、「自分も仕事をしながらで大変だった」「今は大変だけど逃げ場がなくなるから、仕事は続けたほうがよい。」とアドバイスいただきました。今後も、不安な気持ちを気軽に話せる環境を整え、解決の一助になれるようにしていきます。

もの忘れ相談

認知症の症状や治療についてお困りのことがありましたら相談ください。

物忘れ相談

平成30年11月22日(金)13時30分~14時開催
 ご本人から「去年夫が亡くなってから何事にも億劫に感じられ、興味や関心も薄れ、友人との付き合いが減ってしまった。また、もの忘れもあり、言葉や漢字が出てこないことが増えてきたので不安だ」というご相談がありました。
 医師からは、気分転換の為に福祉会館等の教室へ通ってみてはどうかとの提案や、身の回りのできることは続けてもらい、何か不安なことがあればいつでもいきいき支援センターに相談ができるので、安心して下さいと助言を頂きました。

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター」とは認知症について学び理解した、認知症の方やご家族の応援者です。

認知症サポーター養成講座

 平成30年11月2日(金)13時35分~14時35分開催 
 平成30年11月22日(木)14時~15時30分開催 
 11月2日は、若年性認知症サロンにて、当事者の方が講師となり講座を開催しました。初めての試みでしたが不得意な部分は周りのサポートで補いながら、ご本人が明るくしっかりと話されていた姿がとても印象的でした。ご自分の声で話されたことで、本人の気持ちが良くわかり、少しの手助けで良いことが分かりましたとご意見をいただきました。
 11月22日は、地域の認知症カフェで開催しました。今月から、新しいテキストとなりました。認知症は身近な病気です。他人事ととらえず、地域で見守る仕組みづくりが必要になってきます。これからも、地域の皆様が認知症サポーターとなれるよう今後も講座を続けていきます。そして、ご本人はもとより、介護されているご家族にも目を向けながら、認知症サポーターと共に優しい地域づくりを目指していきたいと思います。サポーター養成講座は出張開催も致します。お気軽にご依頼いただければと思います。

☆専門職の皆様へ☆

知識の向上やネットワークの構築を目的に様々な研修会を開催しています。
ぜひご参加ください。

ケアマネサロン

ケアマネサロン

ケアマネサロン

 平成30年11月21日(水)13時~14時45分開催
 配食サービス業者を招いて試食会を開催しました。中川区内で宅配弁当を提供している事業所4か所とケアマネジャー16名が参加されました。
 各事業所の特色として、管理栄養士が自宅訪問し、自宅での食事について相談に応じるサービスや、配達時に配達員がちょっとした家事支援をお手伝いする「3分サービス」など紹介いただきました。お弁当の種類や値段等の説明があり、治療食や柔らかく調理したお弁当の試食をしました。。
 ケアマネジャーから「紹介する際、パンフレットを参考に利用者に数社選んで頂く事が多いが、試食した事で量や器の扱いやすさ、味付け等がわかり利用者に合わせて紹介する参考になった」「利用者が飽きない工夫や、治療食でも食事が楽しめる工夫をしている事がわかった」と意見を頂きました。

第1回西中島学区地域ケア会議

 平成30年10月24日(水)14時~15時30分開催
 西中島学区の高齢者の方が地域で安心して生活を送ることができるように、地域にどういった課題があるのかを抽出する目的で、区政協力委員長様や民生委員会長様、老人クラブ理事様、中川福祉会館館長様、中川児童館長様、名古屋市住宅供給公社西部支部職員様、老人保健施設職員様、グループホーム職員様等、多くの地域の方に参加いただきました。
 日本福祉大学非常勤講師 塚本鋭裕氏から、アドバイザーとして貴重なご意見を頂きました。グループワークでは事例を通して、自分だったらどう関わってほしいか、隣の人にもし支援が必要だったら、どんな言葉をかけようと思うか、どこに相談するのがよいのかを話し合いました。
 「日ごろから声をかけ合える関係をつくっておくのがいいよね」や「もし自分だったらやさしく声かけてほしいな」等、今困っている高齢者のことをだけではなく、将来もし自分に支援が必要になった時にどんな地域であってほしいのか、多くの意見を頂きました。また会議が進むにつれ、「ここからだといきいき支援センターは少し遠いから、歩いて気軽に相談にいけるところがないよね」等、地域課題が出てきました。
 今回の会議で出てきた地域課題を、次回の2回目の会議で検討し、高齢者の方だけではなく、誰もが安心して生活を送ることができる地域になるよう、地域の方と一緒に考えていきたいと思います。

名古屋市療養サービス事業団 TEL:052-482-3781 FAX:052-482-3805 メールでのお問い合わせはこちら