MENU

中村区南部

〒453-0834
名古屋市中村区豊国通一丁目14番地 1階
TEL:(052)483-6866 FAX:(052)483-6867
担当地域:岩塚・米野・笹島・千成・八社・日吉・牧野・柳

開設時間:月~金曜日午前9時~午後5時(祝日・年末年始除く)

  • トップに戻る
  • トップに戻る

所長の一言

令和4年4月に赴任しました、所長の中根容子です。新型コロナウイルス感染症の蔓延から2年以上が経過しておりますが、いまだ先が見えない状況が続いております。

当センターでは、できる限りの感染予防対策をしながら、皆さまからの相談や事業の継続、関係機関との連携強化を進めてまいります。引き続き、高齢者の身近な相談窓口として、気軽にご活用ください。

新着情報

<今月の更新記事>
今月の一言、地域包括ケア推進会議、認知症専門部会、家族教室、家族サロン、ケアマネサロン  以上の内容を更新しました。

<今月のひとこと>
今年は例年より早い梅雨明けとなりました。水不足への懸念があるようです。気象庁などのお知らせに注意していきましょう。ここ数年洪水による災害のニュースが増えているように感じます。台風の季節もやってきます。ぜひこの機会にご自分の住んでいる地域のハザードマップを確認して災害への備えを行いましょう。

☆地域の方々へ☆

地域包括ケア推進会議・認知症専門部会とは、医師会や保健・医療・福祉関係者が連携することにより、認知症高齢者とそのご家族を地域で支え暮らしやすい社会の仕組み作りをしています。

地域包括ケア推進会議

令和4年6月30日(木)14時00分~15時30分 開催
令和4年度第1回中村区地域包括ケア推進会議を開催しました。新型コロナウイルス感染症により、2年ぶりの対面開催となりました。事務局と担当の委員より、以下の議題について報告がありました。
議題 1.中村区地域包括ケア推進体制について 2.令和3年度事業報告について 3.高齢者を取り巻く関係機関からの情報提供 4.令和4年度事業計画について 5.中村区はち丸在宅支援センターからの情報提供 6.重層的支援体制整備事業(中村区社会福祉協議会) 7.各委員からの情報提供
質問・意見
「新任委員として参加したが、地域包括ケアシステム構築の推進母体である会議に参加でき、今後できることで協力や参加をしていけたらと思った」と意見をいただきました。また、「居宅でケアマネをしているが、様々な家庭があり支援に困るケースがある。重層的支援体制整備事業の説明を受け、このような事業の活用ができたらありがたい」と意見をいただきました。
中村区の医療・介護・福祉の各機関が顔を合わせ、事業の確認や情報を共有する機会として、次回は、令和5年3月2日(木)を予定しております。

地域包括ケア推進会議

認知症専門部会

令和4年6月13日(月)14時00分~15時30分 開催
令和4年度第1回中村区地域包括ケア推進会議認知症専門部会を開催しました。以下の議題について、事務局より報告し、委員より質問・意見をいただきました。
議題 1.令和3年度事業報告 (1)令和3年度事業実施報告 (2)認知症初期集中支援チーム活動報告 (3)認知症家族支援事業実績報告
2.令和4年度事業計画及び事業進捗状況 (1)令和4年度事業計画書 (2)令和4年度事業進捗状況 (3)認知症サポーターフォローアップ講座事業報告
質問・意見
認知症サポーターフォローアップ講座の報告書より、ATMの振り込み上限を「0設定」にして詐欺対策をするという内容について質問があり、中村警察署の委員より詳しく説明いただき、振り込め詐欺への対策について共有を行いました。また、いきいき支援センターではフェースブックを活用しており、コロナ禍、ユーチューブ等のSNSで発信をしていくと、認知症関係の取り組みを広く周知できるのではないかと意見をいただきました。
次回は、令和4年11月21日(月)を予定しております。

認知症専門部会

☆認知症高齢者を介護するご家族様へ☆

認知症高齢者を介護するご家族を支援するため様々な活動をしています。
ぜひご活用ください。(令和4年4月~令和4年9月開催分掲載中)

認知症高齢者を介護するご家族様へ

家族教室

認知症に関する知識・介護方法などの学習や介護体験者との交流を行います。

家族教室

令和4年6月21日(火)13時30分~15時30分
今回の家族教室は、介護保険制度をはじめとして認知症に関連する様々な制度について、いきいき支援センターから説明を行いました。
交流会では前回話題に出たそれぞれの介護状況のその後について話し合いました。お互いの話を聞いて労わったり、共感の様子がみられました。「が認知症であることを分かってくれない。どうしたら良いのか。」という困りごとに対し、「“認知症だ”と本人が自覚するのは難しい。」「認知症であることを分からなくても、本人が困らないように生活を支えることの方が大切」との助言がありました。それを受け、「これからはそのように考えていきたい」と話す場面もありました。
次回開催予定:「認知症の人へのかかわり方を学ぼう」  令和4年7月19日(火)13:30~

家族サロン

家族サロン

令和4年6月17日(金)10時~11時、13時~14時、14時半~15時半 開催
今月は18名の家族とOBの方が参加されました。今回も3部に分かれての開催でした。
まず、参加者より前回からの変化や現状などの報告がありました。参加者の「介護中にきつい口調で話してしまうことがある」という悩みに対し、「私もあるよ」と共感され、介護OBの方からもアドバイスがありました。回数を重ねるにつれ参加者同士の良い関係が構築されてきている様子がうかがえます。
次回は7月15日(金)、3部に分かれて開催予定です。

もの忘れ相談

認知症の症状や治療についてお困りのことがありましたら相談ください。

もの忘れ相談

令和4年6月16日(木)14時~14時30分 開催
今回のもの忘れ相談は、遠方に住む家族から、一人で暮らす親の受診についての相談でした。
医師からは、家族からかかりつけ医に相談をし、家族が本人と一緒に受診するよう助言されました。また、家族でよく話し合い、細やかに情報共有を行うことが望ましいとのアドバイスもありました。
次回:令和4年7月21日(木)14時から3組(1組30分)の予約制です。

認知症サポーター養成講座

「認知症サポーター」とは認知症について学び理解した、認知症の方やご家族の応援者です。

認知症サポーター養成講座

令和4年6月28日(火)13時30分~15時 開催
今回は、3名の方に参加していただきました。仕事で認知症の方と関わっていらっしゃる方もみえ、「困っている人を見かけたら、声をかけてみようと思った」、「病気については知っていたが、サポーターという活動があることを知らなかった」「困っている方々のために何かできたらいいなと思った」との感想をいただきました。
次回:令和4年8月23日(火)13時30分から

☆専門職の皆様へ☆

知識の向上やネットワークの構築を目的に様々な研修会を開催しています ぜひご参加ください。

ケアマネサロン

見守り支援事業

ケアマネサロン

令和4年6月20日(月)14時~15時30分開催
今回は「NPO法人高次脳機能障害者支援『笑い太鼓』」の職員の方をお招きして、高次脳機能障害について学びました。「笑い太鼓」には40代から60代の相談者が多く、障害を持つ方が、介護保険サービスと障害サービスの両方を利用しながら在宅生活が送れるように相談支援を行っています。今回は、実際の支援の内容について、事例をもとに基本的な病態等の説明がありました。また、認知症と高次機能障害の違いなど支援に必要な視点を学びました。
参加者からは「今回学んだことを支援に活かしていきたい」と感想が多数ありました。
次回は7月11日14時から「高齢者虐待~事例を通して流れを学ぶ~」開催予定です。

オレンジカフェ交流会

令和3年6月17日(木)13時30分~15時15分開催
中村区内の7つのオレンジカフェが参加して交流会を行いました。認知症相談支援センターより、認知症カフェの役割について話がありました。運営の仕方は様々でも、当事者や家族が安心して過ごせるような居場所づくりが大切だと話がありました。意見交換では、現在コロナ禍で開催が難しいなかで、LINEを使って参加者とのつながりを持っている話を聞くことが出来ました。
次回10月25日13:30~(月)中村区北部いきいき支援センター研修室の予定です。

認知症ケアパスワーキング

令和3年7月19日(月)14時30分~15時30分開催
今年度2回目の中村区認知症ケアパス(支援ガイド)のワーキングを行いました。参加者は認知症当事者や家族介護者、認知症サポート医、民生委員、ケアマネジャーの方々です。認知症ケアパス(支援ガイド)の配布先や活用方法について話し合い、公所、医師会、高齢者いきいき相談室、病院、クリニック、介護支援事業所、金融機関、公共交通機関等の意見をいただきましたので、今後に活かしていきたいと思います。令和3年9月頃には改訂版を配布する予定です。

若年性認知症サロン「小さなつどい」

令和4年2月18日(木)13時30分~15時開催
若年性認知症の当事者や家族の交流会『小さなつどい』を行いました。当事者2名と家族の方2名が参加しました。 当事者の方で買物をする際に、「セルフレジで物を購入するのが難しいので店員がレジをしてくれる場所で買物をしている。」という話がでました。また、家族の方は在宅でのサービスや施設入所について話が出ました。
若年性認知症の方は、若いからこその課題があります。来年度も継続して『小さなつどい』を開催し、当事者やその家族の方の居場所になればと考えています。次回は令和4年5月24日(火)13時半~ 北部いきいき支援センター会議室で行う予定です。

中村区図書館連携事業

中村区図書館連携事業

令和3年9月18日(金)~9月30日(木)
世界アルツハイマー月間として、中村区南北いきいき支援センター、中村区役所の職員の推薦図書として中村図書館に展示しました。アルツハイマー型認知症などについて分かりやすい本、小説やエッセイをお勧めしました。

中村区医療・介護市民公開セミナー

令和3年11月10日(水)13時30分~15時30分
11月11日の介護の日に合わせ、令和3年度中村区医療・介護市民公開セミナー「認知症について学ぶ」のテーマとして中村文化小劇場にて開催されました。昨年はコロナウイルス感染拡大防止のため中止となっておりましたが、今年度は感染症対策を行い実施することができました。
講演は日赤名古屋第一病院の脳神経内科の本田大祐先生から「認知症について」、中村区内の介護保険事業者連絡会の事業所職員から「安心して介護サービスを受けていただくための取組み」の説明がありました。100名程の参加者が熱心に講義を聴講されました。気候が良く天気に恵まれ、参加者からも「久しぶりに出かけることができ、認知症の予防についての話を聴けていい日だった」と感想を聞かせていただきました。

ささしまトワイライト

令和3年11月26日(水)15時15分~15時50分
ささしまトワイライトの小学1~3年生26名に対して『認知症と対応の仕方』について紙芝居やクイズを用いながら話をしました。クイズでは生徒が積極的に手をあげてくれました。「認知症の方が日時をわからなくなったら、どうするか?」という質問には、「一緒にカレンダーで確認をする」と元気に答えていました。最後に「年末年始におじいさんやおばあさんに会ったら優しくしたい」と感想をいただきました。幅広い世代に対して認知症の理解を勧めるために、今後も活動をしていきたいです。

八社学区ふれあいサロン

令和3年12月15日(水)11時~11時40分
八社学区のふれあいサロンで参加者23名の方に、認知症ケアパスの説明と認知症予防体操を行いました。認知症に対して不安を感じている方がおられ、認知症は早期発見・早期治療の大切さを説明すると参加者の皆さんが大きく頷いておられました。講話後の体操では、手拭いを用いながら寒くて縮こまりがちな体をほぐしました。ゆっくりとした動きでも筋をのばすことで「気持ちいいね」と感想をいただきました。
最後に民生児童委員さんが「特殊詐欺被害」の寸劇をされ、笑いを取り入れながら、だまされないような心構えについてのお話がありました。

名古屋市療養サービス事業団 TEL:052-482-3781 FAX:052-482-3805 メールでのお問い合わせはこちら